大きなうねりでキジハタが襲来 プチ爆釣

PA101751

昨日は、天候がよかったのですが、富山湾に大きなうねりが入っていました。
仕事からの帰り道、海岸通りを行こうとしたのですが、通行止めになっています。
「このうねりでキジハタが襲来しているはず。」直感で判断。
早朝からいつもの漁港へ行くことに。


現地に6:00に到着。

餌釣りのおじさんは、渋い顔をしています。朝の3時から粘っていたようですが、さっぱり釣れていません。
「今日もダメか。」と思いつつ一投。・・・・・・・「ガツン」ちびっ子キジハタがでて来てくれました。
「いるじゃん。」
立て続けに釣れてきます。
餌釣りよりもワームに反応しているようです。30cmクラスを釣ったところにI川さんが登場。昨日釣ったアジ子で釣るとのこと。
この釣り方は、私がここで始めた方法でした。ワームのシステムにアジを付け、ワーム操作と同じようにして釣るのです。
I川さんが釣り始めたころ、天狗蔵君が到着。
3人での楽しいキジハタ釣りが始まりました。
3人ともそこそこにキジハタをゲット。キジハタの引きに酔いしれることができました。

PA101753
まずはキジハタゲットで一安心。これで嫁さんに怒られません。

PA101754
I川さん到着。相当腕をあげているよう。またまた新しいロッドとステラリールが手もとに。気合の入れ方が違います。

PA101755
天狗蔵君も到着するなりヒット。くわえたばこが素敵です。

PA101756
天狗蔵君が取ろうとしているのは、私のちびっ子カサゴです。

PA101757
サイズ10cmほどのチビカサゴでした。アジ子の大きさからそのサイズを想像してください。

PA101759
天狗蔵君は快調です。

PA101760
キジハタ名人 中村君も参戦。

PA101761
海でも凛々しい天狗蔵君です。

PA101762
I川さんもビックサイズをゲット。34cmありました。流石です。

PA101763
中村君も30cmオーバーをゲット。

PA101764

PA101765
I川さんが釣ったキジハタ。横にあるのがアジ子ルアー。 死んだアジ子をルアーのように操作します。

PA101766
こんな感じ。

PA101768
私の今日の釣果 10匹ゲット。

PA101769
さあ さばいてみます。 さばく前にエラをを切って血抜きをしておきます。

PA101770
鱗をはがしていきます。

PA101771
綺麗になった状態。

PA101772
お腹を開いていきます。

PA101773
血抜きがしてあるので、出血は全くありません。味もよくなるのです。エラも白くなっています。

PA101774
内臓をとっていきます。血の気が全くないのが理想。

PA101775
出来上がり

PA101777
キッチンペーパーでくるんで不要な水分を取って保存します。

PA101779
塩焼きで食しました。
血抜きをすると、冷蔵庫のチルド室で5日間ほど寝かせ、うま味成分グルタミン酸が出てきたところで食するのもいいようです。

キジハタは、塩焼き・お造り・煮つけ・ムニエル・クリーム煮・お澄まし等 料理方法はたくさんあります。どれも魚のさばき方で美味くいただけるかが決まるようです。
キジハタは貴重な魚です。
心を込めて料理し、美味しくいただきたいものです。


“大きなうねりでキジハタが襲来 プチ爆釣” への2件の返信

  1. キジハタのシーズンですね。
    毎年登場するこの独特な模様の魚に非常に興味がありいつかご一緒させて頂きたいなぁと思っていますが、
    他の遊びに忙しくなかなか時間がとれません。
    レッドバロンさんも、登山、自転車、釣りに今年からクライミングが加わって、ほんと、充実した毎日を送られてますね。
    私も今のところ楽しめてますので、この状態を長く維持したいと思います。

  2. キジハタは、とても美味しい魚です。関西では「アコウ」と呼ばれ、高級魚だそうです。なぜかこの時期に富山湾が荒れると接岸してきます。いつもいる魚ではありません。面白いのは、ある時間帯にスイッチが入ると爆釣するところですか。ただ、釣れてもテトラに入られたりするので、ゲーム性がとても高いところもあります。
    本当に1年間様々なアウトドアを楽しむことができ幸せです。次にやりたいのはシーカヤックでしょうか。フィッシングと合わせて楽しむこともできるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA