雑穀谷クライミング 師匠のクリニックで修正ポイント再確認

P6255427
久々にクライミングの師匠(クスミン)から連絡が。O坂君・マメゾウ先生とクライミングをするとのこと。ウッシー君を誘って参加することにします。以前からクライミングをしてみたいとの要望があったウッシー君に、師匠のクライミングを見せてやりたかったのです。梅雨空となり、今日は13時頃までは晴れるようですが、昨晩の雨で雑穀谷の岩肌は濡れているはず。雨が降り出すまでこの時期にクライミングができればラッキーです。

正しいことを確実に学ぶことが重要なクライミングです。私自身、師匠からダメ出しを沢山してもらい勉強になりました。やはい正しく理解していないところが多く、まだまだ初心者の領域を脱することができません。今回学んだことを確実なものにしていきたいと思います。

昨晩が雨だったことからAフェイスは濡れた状態です。先客もいていきなり左側のルートをチャレンジすることに。師匠が横から回ってトップロールをセットしてくれました。先ずは私がトライ。濡れた岩はつるつると滑ります。上まで行けずに終了。沢登りが得意な「マメゾウ先生」はスルスルと登りクリアー。(流石です)その後もYATIさんもクリアーし、ウッシー君も挑戦してみることに。これがなかなかなのです。股関節が柔らかく器用に登っていきます。(センスがありそうです。)結局、最後の詰めができませんでした。右のルートが空いてきたので移動。トップロープでO坂君・ウッシー君とクリアーすることができました。

師匠のお友達のO谷さんもクライミングはお手の物。リードで中央のルートを登るなど、総勢7名でワイワイガヤガヤとクライミングを楽しむことができました。
今回私が一番確認したかったことは、上でのセカンドのビレーです。リードで上がり、到達点に到着した後のセカンドのビレーに入るまでの一連の動きを見てもらいました。
➀先ずはセルフビレーをメインロープでとります。
➁セルフビレー用で再度とります。
➂クイックドローを二本使ってメインロープを支点に掛けます。
➃ロープを引き上げ、足元にきれいにまとめます。
➄ビレー機を管付カラビナを使って支点にセットしてロープをたぐり、張った状態にします。
➅下に声をかけ、登ってきてもらいます。(その際、常にロープを張った状態にし、緩めないよう注意を払います。
➆セカンドがセルフビレーするまで確実にロープを手繰りよせます。
一連の動きをまとめてみましたが、もしかすると順番が違うかもしれません。これは何度もダメ出しをもらいながら覚えていくしかないようです。ただ、文章にまとめると記憶も確実なものになっていくのです。

もう一つ勉強になったのは、懸垂下降のセットの順序でした。
➀メインロープにバックアップ用のスリングをオートブロックで結びます。(この方法に3種類の結びがあり、適している方法を教わりました。)
➁バックアップ用スリングをハーネスに装着。メインロープにたるみを作り、ビレー機にセットします。
➂支点までビレー機を移動させ、体重をかけてバックアップが効いているとを確認します。
➃左手でバックアップ用スリングを移動させながら降りていきます。

今回、間違った理解がいくつもありました。その部分が再確認できたとこは大きな収穫です。今後のクライミングに活かしていきたいと思います。大人数での楽しい雑穀谷クライミングとなりました。

P6255395Aフェイスにたくさんのクライマーが集まっています。

P6255401濡れたAフェイスの左をYATIさんがトップロープでクリアー

P6255407O坂君がチャレンジ。おっと膝を使ってしまった。

P6255414

P6255417力つきはて降りてきたO坂君。手がしびれてほどけません。

P6255418ウッシーがチャレンジ

P6255419まずは基本の八の字結びから。なんか違うみたい。もう一度やり直し!

P6255421いざスタート

P6255423なかなか大胆な動きを見せます。

P6255425ここからが課題

P6255424なかなか上に進めません。

P6255427結局 ルートを変えてトライ。

P6255428マメゾウ先生がリードで登ります。

P6255432私もリードにトライ。確認し合います。

P6255434いざスタート。

P6255438

P6255440難なくクリアー。

P6255441左のトップロープのかけ方。残置ロープ等は使いません。

P6255442左のルートの上から。

P6255443O谷さんが降りていくところ。横から

P6255444O坂君がパスタを作りはじめました。

P6255447山での料理はお手の物。

P6255449クスミン手作りのチーズケーキ

P6255450コーヒーを入れて美味しくいただきました。

P6255451エネルギー補給後は、YATIさんがトライ。

P6255454マメゾウ先生も中央のルートをリードでトライ。

P6255456

P6255457

P6255461

P6255470私もリードで中央ルートをトライ。

P6255478身体の大きさを利用してスムーズに登ることができました。

P6255479たまにはこんなムーブもやってみます。

P6255480上でセカンドのビレーを学習するレッドバロン。

P6255483懸垂下降で降りてきました。バックアップが効いて止まった状態。

P6255484懸垂下降のシステム

P6255490さあ O坂君行きますよ。みんなからはっぱをかけられ重い腰を上げました。

P6255495ガンバ!

P6255498少々身体が重いのか。眠たいのか。動きがユッタリしています。

P6250001終わった後も話がつきません。

P6250002凄い女の子もいます。この姿勢がありえません。

P6250005雨が降ってきたので今日はここまで。降り出したのが16:00を回っていたのでたっぷりとクライミングを楽しむことができました。みなさんご苦労様でした。安全第一に配慮した雑穀谷クライミングとなりました。

P6250013
1番 オートブロック

P62500112番 クレイムハイスト

 

P62500093番 ブルージック

今回、懸垂下降時に使うバックアップの3つのフリクションノットの方法の中で一番いい方法を教わりました。

今まで私は、2番の方法を使っていました。これだとメインロープにスリングが強く絡まりすぎるそうです。3番の方法だとメインロープが大きく折れて滑らなくなります。なので1番のオートブロックがいいとのこと。バックアップの方法もいろいろあります。

 

 


“雑穀谷クライミング 師匠のクリニックで修正ポイント再確認” への4件の返信

  1. 土曜はありがとうございました。
    前々から、より安全に登山するために
    クライミング技術を学びたいと思っていたので、
    いい経験をさせていただきました。
    一回ではまだまだなので、またご一緒させてほしいです。
    あのあと早速、基本的な道具も一式揃えましたので、、、(^^)

    1. さすが独身貴族。すぐ行動を起こすところがすごいです。たぶん仕事もその行動力で頑張っているのでしょう。ロープ等は私のを使用すればいいと思います。また勉強していきましょう。安全なクライミングに対する知識は貪欲に吸収していきたいものです。

  2. こんばんは
    楽しそうな様子が伝わる写真の数々ですね。
    うっしーくんはもう火が付いたようで、予想通りって感じでしょうか(笑)
    くれぐれもお気をつけて、、、って意外と基本守れば安全な遊びなのかもしれませんね。

    1. その基本を覚えるのが大切で、ダメ出しばかりです。指導を受けたことを家に帰って復習し、本やネットで確認して確実なものにしていく必要があります。梅さんは私以上にのめりこんでしまいました。

コメントを残す