秋晴れに誘われ フィッシングで充実の1日 最後にビックアオリをゲット

pa30581515時頃からいつもの漁港へ

漁港は、今の時期何種類かの魚が釣れる。一番数が釣れるのがカマス。小アジもたくさん釣れる。キジハタは少々ピークを過ぎているのか、私には全くあたりがなかった。朝早くにガンドも上がっているが数は少ない。アオリイカは夕方にならないと無理なよう。一応アオリ用・キジハタ用・青物用の3本を持っていつもの場所へ。

ジグからスタートしたが全く反応がない。続いてキジハタ用にチェンジ。やっぱり全く反応がない。16時を少々回ったところでアオリイカ用に持ち替える。横で釣っているK沢さんもチェンジ。ほぼ同時にキャスト。「ラインかぶってませんか。」「大丈夫みたい。」などと確認。この連携による釣りが釣果を倍増させてくれる。もちろんI川師匠も横にいる。3人並んでの釣りが楽しい。大切なのは、キャストされたエギがどこに着水するかを見ていること。ラインがかぶれば立ち位置を移動し、トラブル回避をしていく。潮の流れがはやく左から右にエギが流れていく。ここはシンカー(鉛)を巻いてエギを重くし、底まで沈める工夫を施す。ただ重くするとエギの動きが悪くなるので、シャクリは力が必要となる。思いっきりシャクて調度となる。薪割で疲労しきった上半身にまたまた負担をかけることになった。明日は恐ろしい。相当筋肉痛になることが予想できる。

K沢さんが一投目でヒット。私のラインとかぶっていそうなのでラインを巻き上げることにした。するとK沢さんのアオリイカが私のエギも抱えているではないか。「どっちのエギにかかっているのかを確認しよう。」私のエギは、抱えられているが針がかりしていなかった。なので一匹目はK沢さんのものに。そうこうしていると、私にも1匹ヒット。久々のアオリイカの引きを楽しむ。

今日も夕日がきれいなので写真におさめていく。太陽が沈みかけたころ、突然エギをひったくる強いあたりが。ロッドを立てる。なかなかの大物のようだ。ぐいぐい引くその感触は緊張の瞬間である。上がってきたアオリイカは今日のベストサイズだった。
その後ももう一匹追加してフィニッシュとなった。今日の2匹は一夜干しにしよう。

pa305806K沢さんのエギと私のエギの二つを抱えた欲張りなイカ。

pa305807私のエギは針がかりしていなかったのでK沢さんに軍配。

pa305809すぐに私も一匹目ゲット

pa305808今日も夕日がきれい。

pa305811

pa305812

pa305813

pa305815夕日が沈んでビックアオリをゲット

pa305818真っ暗になって3匹目をゲット

pa305819戦友の二人。楽しい釣りができた。

pa305820K沢さんは4匹ゲットで今日の竿頭。

pa305821家のまな板に乗せた状態。まな板が黒いのはイカの墨のせいでした。

pa305822一夜干しの下ごしらえ。塩水に3時間ほど浸してから干します。

美味しくな~~~れ。

秋の晴天の中、冬支度の薪割とビックアオリイカを釣ることができ、充実の一日となった。11月になれば立山にも雪が降ってくるはず。冬支度=BCスキーの準備もしなければ。気持ちはもう冬に飛んでいる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA