栂池スキー場の「TSUGAIKE POWDER DBD」を初体験 パウダー練習にはぴったり

またまた今週も冬型の気圧配置になり、山ではドカンと新雪が降っているはず。大好きな栂池のHPを見ていると「パウダーエリア」についての記事を発見。我慢ができなくなり先ずは行ってみることに。

HPには、「TSUGAIKE POWDER DBD」とは、非圧雪エリアのこと!
降雪時には、非圧雪により気軽にパウダーを楽しめるエリアが登場。
「ツガパウ」と呼ばれる栂池の極上パウダーが、今シーズンあなたを待っている!http://tsugaikepowder.com/

こんなフレーズが目に飛び込んできた。積雪は3m近くに達している。たまにはスキー場でパウダーを楽しんでみることにする。スキー場に到着すると、雪がガンガン降っている。気温も-8度となっていた。TLTの金具が壊れたK2アネックスも修理が完了している。アネックスのパウダーでの滑り心地も味わってみたかった。

10:00にゴンドラでいつもの「カフェテリア栂の森」に到着。先ずはパウダーエリアに入るためのレクチャーを受けなければならない。誰でも勝手に入れないことになっていた。誓約書を書き、エリア内の注意点を聴く。初めてのエリアであるが、最後は必ず林道やスキー場内に出てくるとのこと。緊急時の連絡先も準備されている。林の中とは言えもちろん雪崩の危険性もある。今日はレベル4とのことだった。今回三種に神器は持ってきていなかったが、やはりビーコン・ゾンデ・スコップは最低限装備していた方がいいとのことだった。

天気は最悪。気温もひくく降りしきっている。こんな日はパウダー練習にもってこいかもしれない。腕に今シーズン限りのピンクのマークを付け、エリアに向かう。馬の背コースに向かって登り切ったところからドロップインすることにした。エリア内はパウダーがまだ残っていたが、外人さんたちがガンガン滑ってギタギタになっている。ただ、それでも十分なパウダーだ。リフト券は高いがたまには、こんなスキーの楽しみ方もOKだろう。一人でウハウハ言いながらディープパウダーを満喫することができた。

ゴンドラで上に向かう。天気も悪いのでガラガラ状態。

修理された金具。やはりダイナフィットの金具の方がスキー靴をロックしやすい。

レクチャーを受け、誓約書を書いてこのカードをもらう。1シーズンのみ有効。

今日はK2アネックスで。

林の中のパウダーなので、丈夫なパタゴニアで行くことに。

最上部に向かう。

ドロップポイント 馬の背コースの入り口に4ヶ所ほどある。

ギタギタだがまだパウダーは残っていた。

ゴンドラの下を通過。

外人さん達とパウダーを楽しむ。必ず林道かスキー場内に戻れる。

林道に到着。 この直後カモシカも降りて来た。 写真が撮れなかった。

下に来ると藪もある。

谷間を滑降していく。

第2ラウンド開始 天気も回復

落ちていく

激パウを満喫

スキー場に戻ってきた。

4時間ほどで車はこの状態。積もってます。

なのでパウダー満喫の栂池スキーとなった。これからもっと降れば藪も隠れて条件は良くなってくると考えられる。外人さんたちはこの林の中のパウダーが大好きなようだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA