栂池スキー場で基礎練習 外スキー操作を中心に熱のこもった研修

栂池スキー場での基礎練習に参加。課題は➀内スキーの脚部が縮み、外スキーの脚部が伸びるような深回りターンの連続。②前後の荷重移動による切れのあるターンの連続。➂スキーが身体の下に戻ってくるまで押し続ける深回りターンの連続。まだまだ課題は山積みだ。今シーズン手に入れたノルディカ(ドーベルマン)回転用競技スキー165cmの性能をフルに引きだしたいと思うようになってきた。

今日も練習課題の提供者はピロセ君。元ブロック技術員の彼のレッスンは、的確に一人ひとりの課題を浮き彫りにして、その課題解決のためのパターン練習を提案してくれる。今日も様々な練習を行った。

思い出せるものを出してみた。
➀外スキーをしっかり押し出していくプルークボーゲン。
➁横滑りのポジションでの外向傾(外スキーを押すことができる姿勢)の確認。
➂横滑りのポジションからズレの多いターンの連続。
➃スキーを平行にした中で、外スキーをしっかり押し出してのターンの連続。
➄内スキーをリフトしてのターンの連続。(ワンターンの中で前後の荷重移動を意識する)
➅内スキーの膝をかかえてのターンの連続。
➆プルークから内側の雪面を触りながらのターンの連続。
➇内スキーのサイドカー部に乗ってのワンターン。
➈お尻を内スキーよりも中に落とすイメージでのターンの連続。
➉ツトレッチ運動要素を取り入れての外スキーの押出しによるターンの連続。
等々
次から次に斜面にあったパターン練習が出てくる。中斜面と緩斜面をうまく活用し、斜面に見合った練習をこなしていく。イメージを膨らませながら課題解決のための操作動作を意識していくことで、自分の滑りを変えていくことができる。
極端に外スキーを押し出してみたり、しゃがんでみたり、時には片足をリフトしてみたりと様々だ。
我がクラブの独特な練習パターン方法だ。
今回、私の脚部が今まで以上に伸び縮みするようになってきた。切り替え時の重心の位置を低い状態を保ちながら次の谷回りに入っていくことを意識してみた。
運動技術は、意識してできる運動から、無意識にできる運動に発展させなければ習得したとは言えない。
まだまだ練習が必要だ。
基礎スキーの奥の深さをまたまた痛感させられた、充実の研修となった。

今日のメンバー 撮影はH5君

やはりピロセ君が中心になる。

外スキーを押し出すプルークボーゲンからスタート。

押し出したスキー側の方が上がってしまってはしっかり押し出せない。

わざと下げるのもダメ。腰が逃げてしまい、エネルギーラインがずれてしまう。

横滑りの練習。 谷肩が上がらないように。

開いたスキーを2時と10時の方向に押しずらすイメージで。  (2時方向)

10時方向

休憩をしてもイメージ練習。 熱いクラブだ。

その輪の中心は、やはりI川技術顧問。

H5君のポジション 姿勢をみんなで改善 胸が寝て、脚部が長くなった。

外スキーを押し出していく。

脚部の伸び方がまだまだあまい。

経理部長がいい感じ。

OKなのでは。

脚部が動いてきた。

内足をリフト ターンの前半は前気味荷重

後半は後ろ気味荷重  スキーを縦切りにしていく。

胸の向き、 内膝の向き 外脚を目いっぱい出していくイメージで。

内膝を抱えながら  内径角が出てきた。

低い姿勢で切り替えに入っている。

なので外スキーが伸びる。(左腰が前に出てくるとベスト)

外脚のインエッジのみで滑降。荷重の前後移動を行い縦切りをイメージ

荷重の前後の移動がもう少しあってもいいのでは。

これぞ鐘の鳴る丘のシンボル

安定している。

お昼を食べた旅館「ひらた」

手打ちのお蕎麦をいただいた。

レッドバロンはここまで出せなかった。 今回覚醒しそうなきがする~~~。

経理部長のようにもう少し低い姿勢で切り替えたい。

経理部長の外への張り出し。

テッちゃん  内膝の位置が課題。

まだ 外スキーの押出しが弱い。

脚部の動きが出てきた。 H5君

今までこのシルエットは見れなかった。 覚醒成功

右足はOK

切り替え姿勢が低い ナイス


ラストのチャンピオンの滑り。

ピロセ君に軍配があがった。

今日もわいわい言いながらアッと言う間に時間が過ぎてしまった。ゲレンデでのスキーは研修会を行いながらが一番楽しい。できないことができるようになる。スポーツの原点がここにはあるように思う。やはりスキーは、どんな所であれ楽しいようだ。

追伸:栂池スキー場HP スノーナビhttp://www.snownavi.com/skireport/tsugaike170218/の取材を受けた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA