今シーズン初 ちびっ子岩魚と遊んで川の状況を確認


今シーズン初のフライフィッシングへ行ってきました。14:00頃まで北信越の陸上競技大会の審判を行い、帰り道にいつの川へ寄り道です。最初のポイントは水量がまだ多くフライフィッシングに適していない状況なので、場所移動することにしました。

いつもの川なので水量の少ない場所はすぐに分かります。ただ、今度は少なすぎるためなかなか大きな魚が育ってくれません。とりあえずちびっ子岩魚と遊ぶことにしました。

堰堤の流れに16番ブラックパラシュートをキャスト。ちびっこ岩魚が大きくジャンプしてアタックしてきます。早く川全体の水量が落ち着き、楽しいフィッシングがしたいものです。

先週、馬場島~剣岳に行ってきましたが、2000m以上には沢山の雪が残っています。その影響をもろに受けているようです。ただ、その分岩魚も成長してくれるのではないかと、かすかな期待をしています。

この後、梅雨に入って水量が増してしまうと、もっと魚が成長してくれ8月に入ってからのフィッシングが楽しみになってきます。

いつもの場所に入ってみましたが、

水量が多くフライには不向きな状態

一応 ウエットフライを流すも場所を変えてみるこのにしました。

今シーズン初のちびっ子岩魚 可愛すぎて手で触るのをやめ、写真を撮ってリリースします。

白く粟立った少し手前にキャスト。

二匹目も果敢にアタックしてきました。 これも写真を撮ってリリース。この場所はこの大きさしかいないので今日はここで終了とします。

やはり威力を発揮してくれる16番ブラックパラシュート。 ドライパウダーを付けて高く水面に浮かせると効果的です。

今シーズン購入したモンベルのウエディングシューズ 初めてゴム底の物を購入してみました。 乾いた石の上を歩く時は、フエルトの底は滑りやすいですが、ゴム底は滑らないようです。ただ、藻が生えている水中の石はやはり滑るので注意が必要です。一長一短があるようです。

チャラチャラ状態の場所

楽しい約2時間のフライフィッシングを満喫する。高速道路からインターを降りて30分かからずに岩魚のポイントに入れるところがいい。その分大きいのはいませんが充分に川と自然で楽しむことができます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA