天候悪化でクライミング~フィッシングに 天狗蔵君との初めての岩魚釣りを満喫


北陸も梅雨が明けたのかと思っていたがまだのようだった。ここに来て梅雨前線の影響を受けている。土曜日も天候が悪化するとのことなので、こんな時は何をしようか迷うところだ。雨が降る前にクライミングを、雨が降ってきたところでフライフィッシングを楽しむことにした。天狗蔵君はビックサイズ36cmを釣り上げ大満足。

先週の薬師沢・左俣は、水も落ち着き楽しい渓流散歩を満喫することができた。翌日から天候が悪化し、富山県にも大雨警報が出ていた。いつもの川はやはり増水気味なので別の場所を探すことにした。先ずは雨が降り始める前にクライミングを久々に練習することにした。特に懸垂下降の練習がしたかった。この夏~秋には、天狗蔵君を誘って源次郎尾根に行きたいと考えている。そのためにもクライミングの練習は重要となる。

今日は、朝から霧雨が降っている。とりあえず雑穀谷に行ってみることにした。現地に7時頃到着。先ずはお猿さんの歓迎を受ける。岩はうっすらと濡れているが、入門コースで練習開始となった。リードで登って、トップロープ状態をセット。交互に練習して身体を慣らしていく。ロープを懸垂下降用にセット。懸垂下降時のバックアップ方法等をしっかりと確認し、9時過ぎに一回ずつチャレンジした。ちょうど天狗蔵君が降りてきたところで雨が本降りになってきたので、ここでクライミングは終了。まだ時間があるので場所を移動し、岩魚釣りを行うことにする。入渓した場所は先週の雨の影響が少なく、増水も見られない。
よく考えると、天狗蔵君とのフライフィッシングは初めてだった。長年フライフィッシングをやっているが、今までなぜか同行したことがなかった。(彼の結婚祝いに私の作ったバンブーロッドをプレゼントしている)
天狗蔵君は自己新記録の岩魚をキャッチし、大喜びしている。そんなビックサイズを私も借りてちゃっかり写真撮影をさせてもらった。体長36cmの岩魚はモデル並みの人気である。36cmの岩魚と私が釣った岩魚を比べると、今までの岩魚がいかに小さかったか想像がつく。

11時を過ぎると風が出てきて、降り方も激しくなってきた。雨具の上しか持ってきていなかった私は、パンツまでぐしょぐしょ状態となっている。もちろん雨具を着ていない天狗蔵君は濡れネズミ状態だ。大きな堰堤が出てきたところでフィニッシュとなった。
天候は悪かったが、今日の目的は概ね達成することができた。クライミングとフライフィッシング。融合しそうにない遊びも工夫によってダブルで楽しむことができる。また秋にも計画したいと考えている。

久々の雑穀谷

お猿さんが出迎えてくれた。

子ザルがたくさんいる。

先ずは八の字結びの練習からスタート。

正しく結べたかな。 ハーネスに結ぶ。

うっすらと岩は湿っていたが一番右の入門コースで練習。

トップロープで何度も練習。

バックアップの方法等を確認。

トップロープで上がり、

上で懸垂下降のセット。

懸垂下降で降りてくる。

バックアップが効いて止まるのを確認。

しっかりセットできていることを確認。

雨が降ってきたので車に退散。  いつかはここをの目線

場所を移動し、入渓。

いいポイントを流す天狗蔵君。

先ずは私に。 元気な岩魚

またまた。 同じサイズ

36cm ビックサイズ

ここの岩魚は色が白い。

私もリリースネットで写真撮影

サイズは大きいが少々細身

今年初めてのホタルブクロ

今日もいつものカップ麺

桃ゼリーをお裾分け

コーヒーを入れてマッタリ。

アリ君がご飯粒をセッセと運んでいる。  思わず一枚 毛バリサイズ16#

楽しいクライミング&フィッシングでした。

 


コメントを残す