キジハタを狙ってラン&ガン 最後は良型アオリイカをゲット

10月に入り、キジハタやアオリイカの良型が釣れる時期となってきた。この3連休はソルトフィッシングに集中することにした。3つの漁港をラン&ガンでキジハタを狙ってみた。午前中は忍耐だったが、午後からは33cmキジハタ、良型のアオリイカをゲットすることができた。

前日から気合がはいり、タックルの整理等に余念がない。朝早くから行く予定で準備をしていたが、不覚にも起きたのが7:00だった。あきらめて朝食を食べていつもの漁港へ。準備をして海に行くと、漁港の常連さん方が集まっていた。「今日は、入れんみたい。釣りできんわ。」とのこと。一応ポイントに行ってみたがやはりすぐに追い出されてしまった。

なので今日は、近くの漁港をラン&ガンで狙ってみることにした。久々にいくつかの漁港を回ってみる。どこもアウェイな感じで「釣れる気がしない。やはり海の中のイメージがわかない。」と思いながらも、ちびっ子キジハタを4匹ゲットすることができた。午前中はふらふらしながらも最終的には、地元に戻って狙ってみたがやはり寂しい釣果で終了となった。

お昼を食べて14:30頃からいつもの漁港へ。やはり魚の活性があがっていない。渋い状態となっている。15:30を過ぎるころから少しずつあたりが出てきた。ただ、水中のテトラの脇からアタックしてくるため、フッキング後に根に入られることが多く、3匹ほど釣り上げることができなかった。時間がたつにつれフッキングの位置が水面に近づいてきた。ここで運よく2匹ゲットすることができた。最後にゲットしたキジハタは帰って測ったところ、33cmあった。

16:30頃からエギング(アオリイカ釣り)にチェンジ。海面が「あいの風」(北東の風)でまったく波がない状態となっている。今日のような日は絶対にアオリイカが釣れるはず。信じてエギを思いっきりシャクっていく。3回大きくシャクって、アオリイカにエギの存在を知らせる。その後フリーフォールさせる。糸ふけをとってから、また思いっきり3回・2回とシャクる。テンションフォールさせる。2段シャクリを入れた瞬間だった。根がかりしたようにロッドに大きな抵抗がかかる。リールを巻くとジェット噴射で沖に逃げようとする。それをしっかりためてからリールを巻いていく。アオリイカのジェット噴射の強さと、引きの重さでサイズの予想がつく。確実に一夜干しサイズであることが分かった。

隣りの漁港へ。

ちびっ子キジハタをゲット。

やはり海の中のイメージがつかない。

波がない富山湾

またまたちびっ子ゲット。

3匹目ゲット。

場所を変えて4匹目ゲット。

結局地元に戻ってきた。

大きな湖のよう。

お昼となり終了。

午後からの1匹目

同じく

きました33cm なかなかの引きでしたが、短時間で勝負するのが釣り上げるコツ。

なかなかの重さ

33cmを横から

16:30を過ぎてエギングにチェンジ。

1匹目ゲット 胴長25cmほど。 私のシューズは28.5cm

17:26 太陽がとろける様に輝く夕日。

とろけて広がってしまった。

17:47 2匹目ゲットで今日は終了。

午後からの釣果。キジハタが33cmなのでアオリイカの大きさがそこそこの良型。

33cmあった。 まな板が黒いのはアオリイカの墨のせい。

一番大きなアオリイカは一夜干しにする。

ちびっ子は塩焼きに。

33cmは綺麗に三枚におろしてキッチンペーパーにくるんで保存。残はお澄ましに最高。

身はムニエルになる予定。

チルド室で寝かせる。

1日かけた割りには釣果があまり伸びなかった。キジハタの接岸の時期は過ぎてしまったよう。やはり台風が日本海を抜けないとダメなようだ。

釣った海の魚は美味しく食べてあげるに限る。

連休最終日の釣果 16:00からいつものポイントへ。

アオリイカ6匹 キジハタ1匹の釣果

3匹は一夜干しにします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA