なぜか台風が近づくとキジハタ爆釣 36cmもゲットで大満足

台風21号が日本に真っすぐ向かっているので、朝から雨が降っている。風は北東から吹いているので、波は立っていないと判断。いつものポイントに行ってみた。釣り人はさすがに少なく地元の主の方と私のみだった。全く波のない状態に終始楽しいフィッシングを楽しむことができた。

ポイントに降り立ち、一頭目からフィッシュ・オン。今日は活性化しているようで、根から離れた場所で食ってくる。テンポよく時間を忘れて楽しい釣りができた。キジハタが活性化している要因は何なのか。なかなか判断できないが、今までの経験で台風が近づいたり、通過した後に爆釣を経験している。なので悪条件でもフィールドに足が向いてしまう。

やはり台風の影響で雨風も強くなってきた。2時間ほどでクーラーボックスいっぱいにもなったところで終了とした。

36cm キジハタ

これは塩焼き用サイズ

キジハタの模様も個体差がある。

4匹の模様がすべて違う。

沖ではフクラギのナブラが立っている。ジグをキャストしてヒットし、手元までもってきたが自然リリースしてしまった。

 

これは30cm ジャスト

 

大小混じって15匹ゲットでした。

36cm キジハタ やはり大きいのはムニエルかな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA