岩岳スキー場で藤井デモ研修 伝達講習会 与えられた課題をみんなで練習

昨日はロングBCスキーでたっぷりと汗をかき、体調も万全。連休2日目はスキークラブの研修会に参加し、与えられた課題解決に各自が試行錯誤を行った。先ずはスキー技術を細かく分解。パーツごとに強調して練習していく。それを最終的に自分の滑りにフィードバックさせていくことが重要。しっかり自分で課題を意識し、技術を理解しながら取り組むことで各自の滑りに変化が見られた。

今日の参加者 影は写真を撮っているレッドバロン

参加者全員のベストショットを先ずは紹介

先ずはi川技術顧問から今日の課題について提案してもらう

ピロセ君がポジションと外スキーの伸ばし押出しによる基本練習を提案

内側のブロックがしっかりでき、外スキーが押し出されていることが重要。

藤井さんからの課題「脚部の捻りによる角付け」を練習

股関節が柔らかいことも重要

昨年から取り組んでいる課題 スキーをクロスさせて山回りを行ってみる 最後までスキーはクロスされたままキープできるかがカギ。

少し脚を開いて滑ってみる

脚を閉じて滑ってみる

手を膝がしらに当てながら滑ってみる

外スキーの雪面との隙間を閉じていくイメージで切り替えを行ってみる

スキーのテール側を意識し、きり上げた切り替えを行ってみる。

常に課題を確認し、悪かった部分の感想を聞きながら自分のイメージとの違いを微調整していく。この繰り返しが技術の積み上げに結びついていく。年齢が進んでもこの研修会に参加できることが大きな喜びとなっている。(今回参加者の中に富山県元ブロック技術員が3人もいる。なんとも贅沢なスキー研修だ。)

そんなミルキーウエイクラブでいつまでもありたいと思う。今回も充実の研修会ができた。2月3・4日と戸隠スキーが計画されている。たくさんの参加者があることを期待する。それぞれがスキーという遊びに正面から向き合い、課題を解決していく究極の遊びを楽しみたいと思う。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA