今シーズン初 栂池スキー場で高速スキー練習で課題を確認

今日は、陸上関係者と個人練習で栂池スキー場へ。晴天の土曜日なのにスキー場内はガラガラ状態。なんで、3人で思う存分高速スキー練習を行うことができた。バーンもしっかり整備され、ゲレンデスキーの醍醐味を充分に味わった。

栂池スキー場の白樺ゲレンデが好きだ。中斜面斜面が長く続く。スピードを出した中での様々な練習に適している。今日は、3人で藤井さんから頂いた課題を練習してみた。

初めて同行したK君は、新潟で3年間仕事をしていた関係から、しっかりとスキーに通い、準指導員の資格を持っていた。ただ、まだまだスキーを止めてしまう外向姿勢が強く、藤井さんから提供してもらったパーツ練習を行ってみたが、理解して表現できるまでには時間がかかりそうだ。いっそのこと我がクラブに入って研鑽を摘めば光る要素は沢山あった。話によると棒高跳びの選手をしていたとか。運動神経もいいようだ。3人で時間を忘れて高速ターンの練習に明け暮れてしまった。

ここまではいい感じでスキーを走られている。

この局面では、谷スキーに乗りながら切り替えに入っていく必要がある。ターンを引っ張ってしまった。

くの字に折れ、外傾が強く出ている。スキーを止める操作になってしまった。

 

 

今日は、いい練習ができた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA