リハビリ山行で大長谷温泉~白木峰を往復 新たなメンバーが加わり大満足

今週は久々に天狗蔵君と一緒です。リハビリ山行3回目で大長谷温泉から白木峰に行ってきました。この時期の白木峰は初めてでしたが、残雪期も楽しむことができました。山頂からの眺めは最高でした。

リハビリ山行も3週目にはいり、ほとんど違和感なく行動ができるようになってきました。今回はハイク3時間半の白木峰でしたが、この山域のリクエストは、今回初めて同行した「Mr.剣士」からのものでした。彼との付き合いは長くなります。若かりし頃は基礎スキーの県大会に一緒に参加し、スキー技術をお互いに磨き合ってきました。そんな気心の知れた彼からのリクエストにお応えしての山行です。BCスキーはまだまだ経験が浅いとのことですが、スキー滑降技術は私以上ですので安心して山行に同行してもらうことができます。これまで密かにBCスキー用具を準備して「こそ練」を繰り返してきたそうです。白木峰のパウダー時期に是非行きたいとのこと。そのハイクルートと滑降コースについて説明しながらの楽しい山行となりました。

Mr.剣士は、専門がフェンシングです。これまで多くの選手を育ててきた男です。スポーツに対する情熱や競技に対する熱い思いが会話から伝わってきます。そんな彼との山行ができることに私自身もワクワクする気持ちが高まってきました。まだまだ装備などに不安があるようですが、焦らず楽しんでもらいたいと思います。

今回、天狗蔵くんとは2月3日以来となる久々の同行でした。やはり彼がいると安心して活動ができます。戸隠・中妻山以来の山行でしたが、彼もゆっくりとハイクしてくれたこともあり、私にとっては素晴らしいリハビリとなりました。

今回の山行で体力面等も含め、80%の回復と判断したいと思います。どうにか春山シーズンには間に合いそうです。

メンバー:天狗蔵くん・Mr.剣士・レッドバロン

往路:3時間36分 山頂滞在・食事:55分 復路:54分 計:5時間15分

7:50 新メンバー Mr.剣士を加えての山行スタート

いつものゲートからは、林道の除雪が進み通りづらくなっていました。

茶色の林道を進みます。

尾根にとりつく目安となる小屋が見えてきた。ここから尾根に上がっていきます。

最初の林道への登り

尾根に登り上げます。

ハイクルートを確認中の天狗蔵くん。携帯GPSが活躍します。

最初は杉林の中を進んで行きます。

8:41 第2林道を通過します。

Mr.剣士も元気です。

快調なハイクが続きます。

8:59 第3林道を通過します。

右に移動して尾根に登りやすい場所を探します。

マンサクの花が咲いていました。

ここからは尾根が細く、急になってきます。

9:46 第4林道に到着しました。 積雪が多く林道であるかどうかよくわからなくなっています。

ここで休憩をいれエネルギー補給。

今日 滑降予定の第4林道からのドロップポイント

第5林道が見えてきました。

10:21 鞍部に到着です。

風も強くなって来ました。 ここからは急登なのでスキーを外し、担いで行くことにします。

 

雪面が結構堅い状態です。

少々 ビビリが入った状態か。 顔から緊張感が伝わってきます。

雪面が堅いので光っています。 アイゼンを付けた登山者が降りてきました。

アイゼンが必要だった斜面でした。

10:48 第5林道に到着。 安堵の表情

やばかった斜面を振り返って。

尾根に登り上げた後は、だらだらと山頂へ

スキーを装着して最後のハイク開始。

数日前に雪が降っていたもよう。

反対側が見えてきます。

素晴らしい眺望

Mr.剣士も感動の万歳  喜びを全身で表現。

山頂が近づいてきました。

11:26 山頂到着です。

Mr.剣士も大満足

山頂の看板裏にはエビのしっぽがびっしりと付いていました。


素晴らしい眺望です。

11:40 休憩小屋に向かってダイブ開始。

入り口のドアが開かない状態でした。

風を避けながら昼食

12:19 エネルギー補給が終わって滑降開始

第4林道に向かって滑降

どんどん下っていきます。

Mr.剣士は余裕で降りてきます。富山県の基礎スキー界で指導員を育成するブロック技術員経験者です。

私はスキーのずらしを多用しながら降りていきました。

新雪・深雪の時は最高に楽しい斜面

やはり余裕があります。

私のリハビリも順調な証。

第2林道から最後の杉林へ

 

 

尾根から林道に降りてきました。

13:05 お疲れ様でした。

大長谷温泉で汗を流します。

帰りの道ばたで摘んだフクノトウ。

今日は帰って天ぷらにします。


“リハビリ山行で大長谷温泉~白木峰を往復 新たなメンバーが加わり大満足” への2件の返信

  1.  ほんとに感謝×3です・・・まさしく大満足BC初体験でした。昨夕から筋肉痛等発現しはじめ明日にかけてピークかと思われます。レッドバロン様や天狗蔵様はおそらくへっちゃら何でしょうねぇ~ 鍛え方の違い・・・つくづく痛感いたしました。
     とにかく「なるほど」「流石」「スッゲ!」の連続でありました。 数年前までは雪ある白木峰のピークに立つなど憧れだけだったのですが、お二人の力で試練を超え実現することができました。またまたド素人の私に同行させていただける機会がありましたらご一緒させてください。

    1. こちらこそ楽しい山行になりました。やはりスキー滑降に不安がない方とのBCスキーは安心です。これからどんどん鍛えていきましょう。私たちの職業の者は、若いときに鍛えていますので神経回路が繋がっており、一般の方よりもトレーニング効果が早く出てくると思います。またの機会を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA