蓮華温泉から五輪の森を経由して朝日岳を往復 たくさんの花達と出会って大満足

富山県もやっと梅雨が明けた。今日は休暇を取って「蓮華温泉から朝日岳」を往復してきた。薬師沢で少しは花を見ることができたが、やはり朝日岳の花にはかなわない。今日は本当にたくさんの花達と出会うことができ、大満足の1日となった。
“蓮華温泉から五輪の森を経由して朝日岳を往復 たくさんの花達と出会って大満足” の続きを読む

白鳥山に繋がる大滝谷へ 激藪高巻きのアドベンチャー山行を満喫

10.08

昨年まで職場が一緒だった「cooper君」のお誘いで白鳥山につながる、大平川の大滝谷へ行くことに。白鳥山の標高は1286mと高くありませんので、初心者コースとガイドブックには紹介されています。それは真っ赤なウソ。激藪高巻きあり、プチ・クライミングあり、最後は約1時間に及ぶ激藪漕ぎとアドベンチャーな山行となりました。
“白鳥山に繋がる大滝谷へ 激藪高巻きのアドベンチャー山行を満喫” の続きを読む

栂海新道の花達を満喫 「朝日岳登山」

P7130203.jpg

この時期、栂海新道(中俣新道を利用し黒岩山の途中から合流)の花達と出会うことを楽しみにしています。
雪溶けの後、高山植物が一斉に短い夏を楽しむようです。
「もののけ姫」の”シシ神”が歩くとそこに草花が咲き乱れるごとく開花が始まるのです。
このコース、糸魚川市のHPには以下のように紹介されています。
 栂海新道は、日本海の海抜0mから白鳥山(1,286.9m)、犬ヶ岳(1,592m)を経て朝日岳(2,418m)を結ぶ北アルプス最北部の縦走路です。
栂海新道は、「さわがに山岳会」が1961年より黒姫山に新道・黒姫小屋を建設後、1966年から抜開を始め、1971年の全線開通まで、苦節6年間の歳月をかけて未開の朝日岳以北を拓いた岳人の夢の完全縦走路です。
吹上のコルから天険「親不知」まで約27km。所要時間は親不知からの上りコース約18時間、吹上のコルからの下りコースは約15時間を要します。特に上りは超健脚者コースのため、綿密な登山計画が必要です。

記載のごとく、だらだら長いコースとなっています。

“栂海新道の花達を満喫 「朝日岳登山」” の続きを読む

栂海新道 お花満開に大満足

P7204342.jpg

ここ1ヶ月以上山行がありません。
体調を崩してしまったこともありましたが、週末の天候も安定しませんでした。
20日(土曜)は、久々の晴天が予想されます。
「天狗蔵」君にメール。当初はトレーニングを兼ねて「早月尾根」も考えましたが、
この時期の高山植物(お花)を見に行くことを目的に「中俣新道~栂海新道合流~朝日岳」に決定です。
このコースは、YASUHIROさんお勧めのコースです。
昨年もチャレンジ。11時間20分というコースタイム(上り+下り)でした。
今年は、お花を見るのが目的です。夕方5時に戻れればOKということでスタート。
久々の登山に体力面が少々不安でした。案の定、栂海新道に入って早々に右足に痙攣が。まだ全行程の1/4ぐらいしか来ていません。最後までもつのか不安を抱えながらの登山になりました。
「登山の体力は、登山でつける。」やはり、1ヶ月以上のブランクは大きいようです。
ロードバイクや剣岳北方稜線をこなしている「天狗蔵」君は、けろっとした顔をしています。また、彼に大きく体力面で離されてしまったようです。

“栂海新道 お花満開に大満足” の続きを読む

初雪山バックカントリー 晴天の中 ロングコースを制覇

P2173009_20130218223432.jpg

今週の日曜日は、日本の真上に高気圧が張り出してきます。
1日晴天が続くようです。
展望が良くロングコースが楽しめる場所を「天狗蔵」君がチョイスしてくれました。
YASUHIROワールドを今回もチャレンジすることに。
地元「初雪山」に決定です。
黒部扇状地を眺めることができる「初雪山」は、標高1600mほどなのですが、3月~4月にかけての雪のあるシーズンによく登られています。
標高820mの尾根からは、だらだらとした長い登りが続きます。
ところどころ小ピークもあり、山頂からストレートに下ってくるわけにはいきません。
登りでは、できるだけ高度を下げないようコース取りを考えてハイクしなければなりません。
ハイクの途中では、黒部川をはさんだ状態で並ぶ山々を横目で見ながら進むことができました。
このコースは、スキーでの滑降を楽しむといった雰囲気はなく、スキーを活用して登山をする方がお似合いです。
左手には、眼下に「白鳥山」の尾根が見え、昨年ハイクした時を思い出させてくれました。
[白鳥山]へ向かう尾根では、「初雪山」への長い稜線が見え、
「いつかあそこをハイクしよう。」
と考えたことを思い出します。
“初雪山バックカントリー 晴天の中 ロングコースを制覇” の続きを読む

中俣新道~栂海新道からの朝日岳登山

P7160376_20120717220727.jpg

7月の三連休の最後の日は、晴れマーク。
ここしかありません。
梅雨時期でもあり、連続した好天がなかなか望めません。
昨年も、雨をおしての朝日岳登山を決行しました。
昨年同様朝日岳への山行を天狗蔵君と相談。
今年は、小川温泉からの入山が土砂崩れでできません。
蓮華温泉からも考えましたが、「栂海新道を歩きたい」との要望に賛同、12時間の行程にチャレンジすることにしました。
白鳥山からではなく、小滝川上流の「中俣新道」から入り、黒岩山で「栂海新道」と合流。
そのまま「朝日岳」までの超ロングコースです。
小滝川の発電所までしか車は行けず、またまた自転車活用となります。
スタートから1時間弱のヒルクライム。
“中俣新道~栂海新道からの朝日岳登山” の続きを読む

白鳥山バックカントリー 午前中で勝負

CIMG3742.jpg

19日(月)に「天狗蔵」君は、20日(祝日)と仕事が変更になったらしく「白鳥山」に行ったようです。
メールでは
「新雪が積もっていたのでクンバックにしました。」
「最高でした」
「ハイク3時間でした。」
「今、境鉱泉に入ったところです。」
このメールに私にも「スイッチ」が入りました。
「おれも明日一人で行ってくる。」
とメール。
結局、夜はGPSにポイントを入れるのに電話をかけることに。
「最初の尾根に取り付くところが、猿状態でした。」
“白鳥山バックカントリー 午前中で勝負” の続きを読む

朝日岳登山 外来種植物除去調査に同行

CIMG2460.jpg

大雨警報が発令されているにもかかわらず、「朝日岳」に行ってきました。
今回は、いつもお世話になっている「ホンダ」先生の依頼で、「外来種植物除去調査」のメンバーに同行することになりました。
朝日岳は、小川温泉元湯のゲートから北又小屋まで車で行くことが出来ます。
ただし、タクシーと許可車しか通ることが出来ない道です。
今回は、調査ということで許可をもらい、8名での予定でしたが、大雨警報で4名になりました。
体力的に自信のない方による調査ということで、私の仕事は、サポートに徹することです。
最後尾を全体のペースを考えながら進みました。
“朝日岳登山 外来種植物除去調査に同行” の続きを読む