新穂高を起点に槍平~南岳・大切戸・北穂高岳・涸沢岳・穂高岳山荘・白出沢を回って新穂高とハード山行を満喫

久々に10日(日曜日)が晴天となる予定。こんな日は天狗蔵君を誘って、ハードな登山を行いたくなる。当初は北方稜線の池の平山をクリアーしようとの考えもあったが、白萩川の水量が多いため難儀することを予想し、新穂高温泉を起点とした周回ルート(槍平~南岳~大切戸~北穂高~涸沢岳~穂高山荘~白出沢)へ行くことにした。
“新穂高を起点に槍平~南岳・大切戸・北穂高岳・涸沢岳・穂高岳山荘・白出沢を回って新穂高とハード山行を満喫” の続きを読む

新穂高温泉から笠新道~抜戸岳~弓折岳~鏡平~小池新道周回コースにチャレンジ

今年の夏は不安定な天候が続き、山はなかなかすっきりしない。我慢も限界に達し、好山病の禁断症状が出はじめたため、雨具を着る覚悟で久々の山行を行った。今回は新穂高温泉を起点に笠新道から杓子平を経由して抜戸岳へ。その後は楽しい稜線歩きを満喫しながら弓折岳へ。鏡平から小池新道を下って新穂高温泉に戻る周回コースにチャレンジしてみた。           ※最後にシューズについて紹介
“新穂高温泉から笠新道~抜戸岳~弓折岳~鏡平~小池新道周回コースにチャレンジ” の続きを読む

槍ヶ岳を目指すも登頂を断念 テラスでマッタリ 飛騨沢の大滑降に大満足 

念願だった冬季「槍ヶ岳」へ。天候にも恵まれ槍ヶ岳山荘までは順調だったが、槍への先端アタックルートにある氷化した斜面をクリアーするのに装備不十分と判断。登頂を断念した。その分風もないテラスでマッタリと景色を堪能しながらの昼食をとることができた。その後は、飛騨沢の大滑降に終始大満足。
“槍ヶ岳を目指すも登頂を断念 テラスでマッタリ 飛騨沢の大滑降に大満足 ” の続きを読む

晴天に恵まれ 新穂高温泉を起点に奥穂高~ジャンダルム~西穂高~西穂高山荘の周回を満喫

12-38
週末山紀行さんと晴天の中、新穂高温泉を起点にして、奥穂高~ジャンダルム~天狗の頭~間ノ岳~西穂高岳~ピラミッドピーク~独標~西穂高岳山荘~西穂高ロープウエイ~新穂高温泉といった周回コースへ。
“晴天に恵まれ 新穂高温泉を起点に奥穂高~ジャンダルム~西穂高~西穂高山荘の周回を満喫” の続きを読む

新穂高から穴毛谷経由で笠ヶ岳 槍・奥穂の眺望満喫

P5180079.jpg

またまた、日曜日が晴れマーク。
天狗蔵君に連絡を入れたところ、予定がなさそうです。田んぼの仕事も一段落といったところでしょう。
今週の候補を相談。
地元「南又から猫又山」か「新穂高から穴毛谷経由・笠ヶ岳」が上がってきました。
新穂高から穴毛谷経由・笠ヶ岳へは、先週10日に「ノザ」君が行っています。
「ノザ」君は、YASUHIROファミリーの一人で、若手のホープ。抜群の体力でもっか売り出し中です。
彼のHPを参考に、チャレンジです。
新穂高から穴毛谷最終堰堤付近までは、自転車で移動。その後、堰堤越え、渡渉を一回しながら、雪のある所までシューズで登ります。
雪がでてきた所でスキー登行に変更。デブリが硬くなった斜面を、先ずは「穴毛谷大滝」を目指します。
途中、左側から「三ノ沢」「四ノ沢」「五ノ沢」と稜線からの沢が入っています。それらを目印にガシガシ進みます。

“新穂高から穴毛谷経由で笠ヶ岳 槍・奥穂の眺望満喫” の続きを読む

新穂高温泉~槍ヶ岳 超特急登山に大満足

PA061243.jpg

先週は、剣岳のんびり登山を満喫。
今週は、山の紅葉も最盛期となっているはずです。
ここはやっぱり新穂高温泉から入り、飛騨沢を登りつめる槍ヶ岳に行くしかありません。
2週連続で、剣岳と槍ヶ岳を落とすことになりました。
「天狗蔵」君も剣岳を1日遅れで登っているので、やっぱり2人で剣に行っているような気になります。
会話もなぜか、バッチり合ってしまいます。
槍ヶ岳は、昨年からの目標でした。
バックカントリースキーのスーパースター「YASUHIRO」さんも、スキーで新穂高温泉から入り、飛騨沢を登って滑って帰ってきています。
この飛騨沢は、バックカントリースキーヤーにとって最高の斜面となるのです。
今回は、その下見も兼ねてのものです。
2人の日程もばっちり合い、前日からの新穂高温泉に入ることにしました。
駐車場に着いてびっくり。
“新穂高温泉~槍ヶ岳 超特急登山に大満足” の続きを読む

上高地からの奥穂高スキー&散策で2度おいしい

CIMG4211.jpg

6月に入り、そろそろスキーシーズンも終わりを迎えようとしています。
標高2000m以上にはまだ雪はあるのですが、条件がどんどん悪くなっています。
6月の第2週は、夏山開きをするところが多いようです。
締めくくりとして、昨年は、「薬師岳」でした。
今年は、自転車を活用して上高地から奥穂高を目指そうと考えました。
このコースは、山スキー界のスーパースターYASUHIROさんがよく活用する方法です。

夜2時から3時のスタートと、大変きつい行動ですが、今回チャレンジしてみることに。
決して一人ではできません。もちろん「天狗蔵」君も一緒です。
問題は、車の駐車です。
“上高地からの奥穂高スキー&散策で2度おいしい” の続きを読む

奥穂高岳~西穂高岳登山 ハード&はらはら&へとへと

CIMG2771.jpg

9月10日(土曜)前日21時に新穂高ロープウエイ駅近くの路上に駐車。
奥穂高岳登山の計画を立てながら、いつもの宴会スタート。
アルコールの力も借りてか、奥穂高から西穂高のコースを1日でまわっている話が。
奥穂高岳到着の時間・天候で判断ということで10時に就寝。(私は暑くてなかなか眠れず悪戦苦闘)
3時30分に起床し、スタート準備となりました。
“奥穂高岳~西穂高岳登山 ハード&はらはら&へとへと” の続きを読む