BCスキーの下見を兼ねた「鍬崎山」トレーニング山行を満喫

日曜日は、寒気が日本海側に入り、山は荒れるとの予報。標高の高い山をあきらめ、低い山にトレーニングを兼て行ってみることに。鍬崎山は、BCスキーで行きたい山だが、タイミングを外してまだ行っていなかった。そんな鍬崎山に行ってみることにした。
“BCスキーの下見を兼ねた「鍬崎山」トレーニング山行を満喫” の続きを読む

平日に雄山南西ルンゼ・山崎カールをダブルで滑降 雷鳥が恋の季節真っ盛り

13日(土)の振休となった今日は、平日で混雑がないことを予想し、室堂から雄山へ。どの斜面を滑ろうか迷うぐらいにいい斜面が至る所に。迷ったあげく届け出通り「雄山社務所裏から先ずは南西ルンゼ」を一気に滑降。その後、山崎カールに移動し、登り上げてガスが出て来た「山崎カール」を慌てて滑降。ダブルで楽しむことができました。
“平日に雄山南西ルンゼ・山崎カールをダブルで滑降 雷鳥が恋の季節真っ盛り” の続きを読む

急な晴天に慌てて「大品山」へ 2R回してパウダーを満喫 大品山の楽しみ方を開眼


天候の急変で晴天域に突入。昨日の基礎スキーの疲れもあるが何処かに行きたくなってしまった。天狗蔵君からのメールを見落としていたことに気づき、すぐに連絡。遅いスタートとなった時は「大品山」とお決まりの場所に行くことに。今年4回目となることもあり、今までない楽しい滑降ラインを発見することができた。
“急な晴天に慌てて「大品山」へ 2R回してパウダーを満喫 大品山の楽しみ方を開眼” の続きを読む

今日は粟巣野から独標まで(鍬崎山敗退) 雪面も落ち着きパウダー滑降を満喫

久々に天狗蔵君から連絡が入る。いろいろ考えたあげく、大品山の奥の独票・桑崎山へ行くことに。お目当ての斜面は、独標から少し下がった場所の斜面。スピードを出してパウダー滑降を楽しむことができた。
“今日は粟巣野から独標まで(鍬崎山敗退) 雪面も落ち着きパウダー滑降を満喫” の続きを読む

二日連続の粟巣野から大品山 3人で激ラッセルに耐えた充実のBCスキー

大寒波で京都や広島にも雪が降った今日は、またまた大品山へ。激ラッセルを3人で回してBCスキーの醍醐味を味わうことができました。昨日のトレースはすべてリセットされています。斜度がなくなると止まってしまうほどに深雪に大苦戦の滑降となりました。
“二日連続の粟巣野から大品山 3人で激ラッセルに耐えた充実のBCスキー” の続きを読む

大寒波襲来で一気にドカ雪 粟巣野スキー場~大品山を往復 今回もトラブル発生

大寒波の襲来により大雪となり、一晩で1m以上積もっています。こんな時は標高の低い山でツリーランを楽しむことにします。なので粟巣野スキー場から大品山へ。先行者のトレースで楽ちん山行となりました。
“大寒波襲来で一気にドカ雪 粟巣野スキー場~大品山を往復 今回もトラブル発生” の続きを読む

天候悪化でテンション下がりぎみ 称名~大日岳へ(自己新達成)

P7300074
山の天気は不安定ですが、晴れる可能性のある大日岳へ、テンション下がりながらも行くことにしました。今回、初めてワレモコウに群がるヒョウモン蝶に出合うことができ、下がったテンションも少々挽回。景色が見れないので、登りに集中し、登山口から山頂までの自己新を達成することができました。
“天候悪化でテンション下がりぎみ 称名~大日岳へ(自己新達成)” の続きを読む

美味しくお酒を飲むために「大日岳」へ!

P7250321.jpg

いよいよ夏休みがスタート。台風12号の影響はまだ富山には関係がないようです。
気温も急激に上昇。34度を軽く超えてしまいます。
こうなると夏山最盛期に。
先週は、源次郎尾根の疲れが残っていたこと、岩魚の顔を見に行きたかったこと、東京から知人が来県し富山を案内して回っていたことが重なり、山行はお預けでした。
今週は、土曜日の夜に飲み会が入っていることから、しっかり汗をかいて美味しいビールを飲むための山行を計画。
半日勝負の「大日岳」へ行くことにします。桂台のゲートは6:00にしか開きません。なので5:00まで寝ていられます。しっかり睡眠を確保し、5:30に家を出ました。

“美味しくお酒を飲むために「大日岳」へ!” の続きを読む

称名川旧道調査に同行 奥大日から称名川へ

P5170040.jpg
剣岳を見ながらの楽しいハイク。

昨年の秋にも同調査に同行し、大日平から称名川のボトム往復にチャレンジ、過去に体験したことのない藪漕ぎを行いました。
今回は、雪のある時期に室堂から称名川を下り、旧道の調査をすることに。
私達の役割は、称名川にかかっていた、弥陀ヶ原と大日平をつなぐ吊り橋の位置の確認です。そこまで素早く移動するための方法として、スキーを活用することにしました。
この時期は、称名川のほとんどが雪に覆われた状態になっています。山スキーの本を紐解いてみると、奥大日の山頂から称名川のボトムまで滑降し、その後大日平の下(今回の旧道の場所)から登り上げ、大日平を滑降し、牛ノ首から称名滝に下りてくるコースが載っていました。なかなか報告にないルートです。
土曜の午後から立山駅に集合。帰りのことを考え、自転車を称名滝にデポすることに。

“称名川旧道調査に同行 奥大日から称名川へ” の続きを読む

恒例行事 雄山からの滑降+剣御前からの滑降を満喫

P4180089.jpg
山崎カールを気持ちよく滑降

この時期立山アルペンルートが開通し、雄大な山々を眺めながらのBCスキーを楽しむことができます。
なのでいつの間にか恒例行事となってしまいました。
2011年は、5月15日(雄山-山崎カール-浄土山-室堂山)
2012年は、4月21日(雄山-山崎カール-雷鳥沢-剣御前-雷鳥沢)
2013年は、4月20日(龍王岳ルンゼ-雄山-南西ルンゼ)
2014年は、4月19日(雄山-大汝-山崎カール—浄土山)

2015年の今日は、雄山-山崎カール-雷鳥沢-剣御前-雷鳥沢を攻めることにします。
BCスキー5年目の今年は、以前から春山スキーに連れてってほしいと要望のあったクスミンを誘って行くことに。
天狗蔵君も誘っていたのですが、急に熱が出てしまい不参加となってしまいました。
アルペンルートが開通して1週間。この土日も混雑が予想されます。6時に立山駅に到着し切符を買いに。いつもより早く切符販売が始まっていました。6時50分のケーブルに乗車、いつもより早く室堂に到着することができました。
8:08 ターミナルを出発します。今週は、全体に気温が低下し、寒い日が続いていました。やはり立山にも新雪が降っていたのでしょうか雪の状態はいいようです。一度緩んだ雪も復活しています。

“恒例行事 雄山からの滑降+剣御前からの滑降を満喫” の続きを読む