激パウ白木峰BCスキー 激ラッセルで時間切れ やむなく敗退

金曜日から西日本が大雪になっている。北陸も相当降るとのこと。こんな時は、やはり白木峰の谷間を滑るチャンスとなる。ウッシー君を誘って毎年恒例となっているコースに行くことにした。昨晩から雪は相当降ったようで、膝ラッセル・太ももラッセルとなった。
“激パウ白木峰BCスキー 激ラッセルで時間切れ やむなく敗退” の続きを読む

ニッコウキスゲに誘われ MTBで白木峰ヒルクライム

P7050590.jpg

今日は、朝8:00から居住地の環境整備作業です。先週の予定が雨でずれこみました。
作業が終了したのが9:30です。
何気なくPCのスイッチを入れフェイスブックを覗いていました。
チロル投稿に目がとまりました。「白木峰のニッコウキスゲが最盛期」
ここは、今から準備をして行くしかありません。
昨年は7月の後半に行ったのでニックキスゲを見ることができませんでした。
現地まで1時間30分 10:00に家を出れば11:30には着きます。そこからMTBで約2時間のヒルクライム。
温泉に入って帰っても17:00頃には戻れるはず。
がぜん闘志がわいてきます。ここ数週間がっつりと汗をかいていないため、身体の中に毒素がたまっている気がします。
今日は、朝8:00から居住地の環境整備作業です。先週の予定が雨でずれこみました。

“ニッコウキスゲに誘われ MTBで白木峰ヒルクライム” の続きを読む

シーズン1回は「白木峰」 今年も激パウでした

P2018476.jpg

昨日は悪天候の中、相方さんを伴って栂池スキー場へ。
強風と降雪でスキー場は、今シーズン最悪状態。そんな中、レッスンしながら相方さんとの束の間のスキーを楽しみました。
天狗蔵君・大ちゃん・梅さん・秀さんは、「野谷庄司」へ。
悪天候のため早めに帰宅し、くつろいでいると、相方さんが大きな声を出しました。
「大ちゃん 雪崩で流されたみたいやよ。」
フェイスブックには、その時の内容が記載されています。
すぐにコメント「無事で何よりです。」と送信。
今日は、前日に怖い思いをした天狗蔵君と「白木峰」に行くことにしました。
大長谷温泉までの長い道中は、昨日の雪崩の話で盛り上がります。

“シーズン1回は「白木峰」 今年も激パウでした” の続きを読む

「白木峰ヒルクライム挑戦」新MTBに感謝

P7270120.jpg

土曜日は35度を超える猛暑となり、日中は晴天でしたが夕方から山は雷雨とのこと。
ここは、MTB(自転車)で脚力強化をはかることにしました。猛暑の中、家から愛本橋まで往復約40kmを2時間かけてのトレーニングです。昼過ぎに戻ると、軽い頭痛が。熱中症にかかったのかもしれません。水分をしっかり摂取して午後からは家でマッタリ。
夕食後、天狗蔵君から「白木峰ヒルクライム」のお誘いの電話です。
天気は崩れてくる予定ですが、朝一に勝負しようということになりました。早速トレーニング効果を試すことに。
そんなにすぐに効果がでるわけはありませんが、とにかく2日連続でハードな自転車ワークとなりました。
白木峰は、極寒の1月~2月にしか来たことがありません。大長谷温泉に車を止め、スキーで計4回来ています。

“「白木峰ヒルクライム挑戦」新MTBに感謝” の続きを読む

激パウねらいでプチ白木峰BC

P2090052.jpg

今日は、天候が悪いということで遠出はやめ、行きつけのフィールドで激パウを楽しむことに。
魚津インターに集合してみると、天候が予想を外れ、安定しているではありませんか。
妙高杉の原スキー場から、三田原山の激パウを食う計画もあったのですが、今日は白木峰で我慢することに。
梅さんが「マエストラーレ」をフィールドで初めてはくこともあり、足慣らしを兼ねています。
甲があたるようで、少々痛い状態です。もう少し調整してもらる事が必要のようです。
なので、今回はピークハントをやめ、激パウハントです。
靴は、少々痛いようですが滑りの方は、確実に以前の靴よりも安定していたようで、快調な滑りができていました。
膝が以前よりも深く曲げられ、しっかりスキーを操作しています。
激パウをプチに狙うといった、少々軟弱状態でしたが、脚に合わない用具で何時間ものハイクは辛いものがあります。
あたる部分にパットを貼り、もう一回チンして(電子レンジでインナーブーツを温めること)脚に合わせてみる必要があるようです。
マエストラーレは良い靴だと思います。スキー靴は、スキーの中で一番大切な用具です。
自分でこだわって脚に合わせてください。

“激パウねらいでプチ白木峰BC” の続きを読む

正月で鈍った身体にカッ!白木峰バックカントリー

P1030050.jpg

3日は、晴れマークがついています。
以前から天狗蔵君とは、何処かへ行く約束をしていました。
今回新メンバーユアサ君にも連絡したところOKの返事が。梅さんも加わり、4人での白木峰バックカントリースキーとなりました。
この正月は、29日の利賀スキー場・片折岳と身体をいじめたので、安心して「飲む・食べる・寝る」といった少々不摂生な3日間を過ごしてしまいました。
天狗蔵君と梅さんは、元旦に大品山に行って新年を迎えたようです。
今日は、この差が出てしまい、3人にスタートから付いていけません。
もちろん新人ユアサ君は、若さでガンガン行けます。
特に梅さんが元気。先頭をきってハイペースです。
今回、雪が思ったよりも少なく、激ラッセルとはなりませんでした。
“正月で鈍った身体にカッ!白木峰バックカントリー” の続きを読む

まさかの晴天で、利賀スキー場・片折岳ダブルバックカントリー

PC290020.jpg

29日は、日本海側が大雪になる模様。
テッちゃんから、片山デモ伝達スキーのお誘いがありましたが、天候が悪いのと参加者が少ないので中止の連絡が。
天狗蔵君から、「大雪でも行ける安全な所で、激パウ喰いましょう。」のお誘いが。
ここは、行くしかありません。
今は、閉鎖になっている「利賀スキー場」か、「片折岳」のどちらかに行くことに。
大雪が予想されたので、標高の低い山でパウダーを味わうことにしました。
魚津インター6時集合。
なんと、天候が回復してくるではありませんか。
八尾から利賀へ。進むにしたがい雪が多くなってきます。
利賀の雪の量が違います。
駐車場の周りには、雪の壁ができています。
“まさかの晴天で、利賀スキー場・片折岳ダブルバックカントリー” の続きを読む

激パウを満喫 白木峰バックカントリースキー

P2112900.jpg

菅平での硬く絞まった雪の滑降もスピード感があって楽しいのですが、激パウもたまりません。
山沿いでまとまった雪が降ることが分かり、標高の高いところは、雪崩の危険性があるようです。
天狗蔵君は、2日間山に行っていたようですが、最後は一緒に行くことに。
山沿いに新雪が降っています。激パウを味わう最後のチャンスかもしれません。
ここは、昨年頂上を踏むことのできなかった、「白木峰」に行くことに決定。
ヘルベントの威力を思う存分試すチャンスです。
“激パウを満喫 白木峰バックカントリースキー” の続きを読む

白木峰バックカントリー 大雪で激パウを満喫

正範滑り

大寒波が北陸を直撃。
今週は、どこへ行こうか迷っていたところに「天狗蔵」君から電話が。
激パウの「白木峰」に行くことに決定です。
選択理由は、
①標高が低く寒波での影響が少ないこと。
②雪崩の危険性がないところで、激パウが味わえそうなこと。
③まだ行ってないこと。
④駐車場が温泉であること。
⑤YASUHIROさんが激パウを味わっていたこと。
等です。
ただ、大雪であるため 大長谷温泉の駐車場までの除雪ができておらず、予定時刻よりも1時間遅いスタートとなってしまいました。
“白木峰バックカントリー 大雪で激パウを満喫” の続きを読む